読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フラヌール地帯

あるがままに、わがままに。感じたことがコトバになる場所。

フラヌール氏の生態

フラヌールとは遊歩者のこと。

遊歩者は街中に居ながら世間の外れにいて、都会の小道をひとり歩いている者。

ありふれた傍観者でありながらも、彼自身もそのまたその観察をどこかに記したくなる、ごくありふれた都市の生活者でもある。

口数を減らそうと思えども、聞いて欲しくばついつい立て板に水。

 

伝えたいとは思えども、伝えようとすればレビューとなる。 

あえて空白に流し込めば散り散りのポエムになる。

語るは己の口よりも、対峙するモノに任せて。

レビュアーよりもポエマーで在りたい。

自らの日々の観察者として。

Less logic.